星空の下で-SMAP

遠ざかる手を振る君がずっと遠ざかる
でもしょうがなくいくら手を伸ばしても届かなく
窓越しに映る姿が小さくなってくほど
決まっていつも気づかされる思い届けるには遅いけど

トランクいっぱいに詰め込む夢希望今じゃブレーキも
きかない惜しまない進む先は一方しかない
先に待ってるのは音もなく狭く寂しい部屋
ちょっとだけ見慣れた鏡に映る自分身にまとったスーツ

思い描いてた毎日こんなはずじゃなかったのに
置き去りになった今日もごみにもまれたった一人
君に合う勇気もなくいつか連絡さえ途絶え
一人もがけば ちょっとだけでも君のそばへ

星空見上げると君を思い出す やわらかい風が頬をなでていた
いつの日か年とって無邪気に笑えたら 僕の隣で同じ星空を見よう

迷いはなかったいつかのレストランで君とも語った
コーヒーも何杯飲んだろう「ほら、夢は叶えるもんだろう?」って
あの時から君はもうすべて見えていたの?
必死に理想を説く僕がとても惨めに見えていたろう

「男のケジメだから」なんてかっこよく言って見せた
こうなる事を知っていればそんな言葉は出てこなかった
今僕のまわりで吹き荒れる風が容赦なく肌を刺す何故だ
全てを捨ててまでって決めたのにもう君の胸めがけ

飛んで生きたいでも君は僕を拒むだろう
今会えたとしても僕はきっとまた弱音をもらすだろう
こんなんじゃダメだって何百回も心に問いかけて
この先の僕の姿と君の影追いかけて

この空は君へと続いているのかな できるなら今すぐに会いに行きたかった
明日が来る前に君に届けたくて 輝く星に願い一人誓った

二度と迷わないよ硬く固めた握りこぶし
こぼれた空のかけらを拾い集めまた元の場所へと並べよう

星空見上げると君を思い出す やわらかい風が頬をなでていた
いつの日か年とって無邪気に笑えたら 僕の隣で同じ星空を見よう

—————————————————————————————-

멀어저가, 손을 흔드는 네가 계속 멀어저가,
하지만 어쩔수 없어, 아무리 손을 뻗어도 닿지 않아,

앞에서 기다리고 있는 건 소리도 없고, 좁고, 외로운 방.

조금은 익숙해진 거울에 비친 내가 입은 양복.

상상하고 있던 매일은 이런게 아니었는데,
버려진 오늘도 사람에 치어 혼자

필사적으로 이상을 얘기하던 내가 비참해 보였겠지

이러면 안된다고 몇백번이나 마음을 다잡으며

언젠가 시간이 지나 그냥 웃을 수 있게 되면
내 곁에서 같은 별을 보자

좋아하는 가사부분들….